ARTIST

ARTIST

GLIM SPANKY

ロックやブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、ボーカル&ギター・松尾レミとギター・亀本寛貴の男女二人組ロックユニット。アートや文学やファッション等、カルチャーと共にロックはあることを提示している。ハスキーで圧倒的存在感の歌声と、 ブルージーで感情豊かなギターが特徴。
 
http://www.glimspanky.com

-

SILENT SIREN

Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)4名からなるガールズバンド。︎
 
2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。
通称”サイサイ”として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、LINE公式アカウントの登録者数は51万人を超える。︎
 
2014年に初となる海外進出公演を果たし、アジアへ向けて第一歩を踏み出し始めた。
その後2015年に香港以外にも台湾、インドネシアでワンマンライブも開催し、海外でもファンを獲得。
2015年1月17日、ガールズバンド史上デビュー後最短で日本武道館ワンマンライブを開催。︎9000人を動員しソールドアウトさせる。
 
その後、3月2日に4thアルバム「S」を発売。
アルバムをひっさげたバンド史上最多・最長・最大のツアー「Sのために Sをねらえ! そしてすべてがSになる」は4月からスタートし、バンド初となる横浜アリーナでのファイナル公演含む全25会場26公演を大成功におさめる。
 
国内主要フェスにも積極的に出演し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、「COUNTDOWN JAPAN」を始め数々の大型フェスに名を連ねガールズバンドとして確固たるポジションを獲得。また、バンド自らも「サイサイフェス」を企画しイベントを実施している。
 
︎現在、2013年にリリースした「ビーサン」からシングルアルバムあわせオリコンウィークリーチャート10位以内を12作連続で獲得中。
そして2016年9月からは、世界5カ国6都市を回る「Silent Siren S WORLD TOUR」を開催し、年末には恒例となった東名阪3箇所のツアー年末スペシャルライブ「Dream On!」も大盛況で成功させる。
 
そしてその2016年年末の「Dream on!」東京公演にて、ユニバーサルミュージックEMI Recordsへの移籍を発表。
同時にロゴ、バンド表記を全大文字へと一新。
2017年開催のツアー5TH ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017『新世界』のファイナルは武道館2Days。
2017年3月1日には移籍後第1弾シングル「フジヤマディスコ」リリースも決定。
 
原宿発のガールズバンド「サイサイ」の勢いは止まらない! 
 
http://silent-siren.com/

-

Ivy to Fraudulent Game

 
Gt/vo寺口宣明(21)、Ba/Cho川合亮太朗(22)、Gt大島知起(21)、Dr/Cho福島由也(21)
2010年10月に群馬県にて結成。福島由也(Dr.)が全楽曲の作詞作曲を担当。楽曲の主体はあくまで歌、言葉、思想にありながら、ポストロック・オルタナ・シューゲイザー等の様々な要素を巧みに吸収したサウンドに、美しくもポップなメロディを融合させた独自な世界観を表現している。楽曲の世界観をリアルに表現する寺口(Gt/VO.)の唄を軸としたライブパフォーマンスの圧倒的な求心力は多くのファンを魅了する。  
 
http://www.ivytofraudulentgame.com/

-

 OGRE YOU ASSHOLE


メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Drs)、清水隆史(Ba)の4 人。 2005 年にセルフタイトルの1st アルバムをリリース。2007年前後から、国内も大型有名ロックフェス出演やメジャー・シーンのオルタナティブ・バンドとのツアー、海外有名アーティストのサポートなどで日本のメジャー音楽シーンで知られるようになった。
結成当初はツインギターの絡みを活かしたUSAインディー・ロックの影響を色濃く反映したサウンドだったが、2011年リリースのアルバム「homely」以降、サイケロック、AOR、ポストパンク、クラウトロックなどの要素を取り込み、多様な楽曲を展開している。2009年3月にバップへ移籍し、シングル「ピンホール」でメジャーデビュー。2010年11月にはモントリオール出身のWolf Paradeと共に全米+カナダの18ヶ所をまわるアメリカ・ツアーを行った。
2014年7月にフジロックフェス・ホワイトステージに登場、10月には最新(6th)アルバム「ペーパークラフト」を発表した。
2016年11月に最新(7th)アルバム「ハンドルを放す前に」をP-VINE RECORDS よりリリース、ミュージックマガジン誌「2016ベストアルバム・日本のロック部門」で2位を獲得。
 
http://www.ogreyouasshole.com/

-

村松拓
(Nothing's Carved In Stone)

 ロックバンドNothing’s Carved In Stoneのボーカル、ギター担当。2008年Nothing’s Carved In Stone始動。 2009年に1st Album「PARALLEL LIVES」をリリースし、毎年コンスタントにフルアルバムを発表。卓越し たバンドアンサンブルと圧巻のライブパフォーマンスを見せる。村松ソロでの弾き語りライブも不定期で行 っている。
 
http://www.ncis.jp/

-

ゲスの極み乙女。

2012年5月に、indigo la Endのボーカルでもある川谷絵音を中心に結成。
 
高い演奏技術を駆使した、何が起こるかわからない曲展開に全てを飲み込んでしまう声。
プログレ、ヒップホップを基調としながらも、独自のポップメロディを奏でる4人組バンド。
全て新曲からなる全13曲入りの3rdフルアルバム『達磨林檎』が発売中。
 
8月からは全国ツアー「丸三角ゲス」も開催!
 
http://gesuotome.com/

-

DADARAY

ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endのライブやレコーディングではサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組であり、バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする“DADAISM の DADA”と“光を意味する RAY”を組み合わせた造語で、“既成の秩序や常識を破壊する光”という意味合いが込められている。
5月31日に2nd mini album『DADAMAN』、6月28日に3rd minia album『DADAX』をリリース!7月からは全国ツアーも開催!
 
http://dadaray.com/

-

toe

2000年、山嵜廣和(ギター)美濃隆章(ギター)山根敏史(ベース)柏倉隆史(ドラム)の4人編成で結成。
主にインストゥルメンタルの楽曲でありながら、聴くもの観るものを高揚、魅了させる音源、ライブパフォーマンスは絶大な支持を受ける。
海外での評価も高く、07年から年一回ペースでのアジアツアー、‘12年の欧州ツアー、13年、‘15年の北米ツアーをほぼ全ての会場でSOLDOUTするなど、成功をおさめる。
海外レーベルとはWhitenoise Records(香港)、Topshelf Records(米)、Big Scary Monsters recording(英)とサイン。
'15年7月には5年半ぶりのフルレングス・アルバム「HEAR YOU」をリリース、
同月、通算4度目のFUJIROCK FESTIVAL出演など精力的に活動を続ける。
 
http://www.toe.st/

-

パスピエ

Vocal:大胡田なつき / Keyboard:成田ハネダ / Guitar:三澤勝洸 / Bass:露崎義邦
2009年に成田ハネダ(key)を中心に結成。
バンド名はフランスの音楽家ドビュッシーの楽曲が由来。卓越した音楽理論とテクニック、70s00sまであらゆる時代の音楽を同時に咀嚼するポップセンス、ボーカルの大胡田なつきによるMusic Clipやアートワークが話題に。11年に1st ミニアルバム「わたし開花したわ」でデビュー。
その後数々の大型ロックフェスにも出演、対バン形式の自主イベント印象シリーズや全国でのワンマンツアーを行い好評を博す。15年末には単独日本武道館公演を行い成功を収める。1612月にCDデビュー5周年を記念して初のホールツアーを東名阪で開催。171月に4th フルアルバム「&DNA(アンドディーエヌエー)」を発表。春に過去最大規模の全国ツアー、パスピエ TOUR 2017 “DANDANANDDNA”を開催。5月、ドラムのやおたくやが脱退し4人編成となる。
 
 
http://passepied.info/

-

the band apart

荒井 岳史(Vo/Gt)、川崎 亘一(Gt)、原 昌和(Ba)、木暮 栄一(Dr)

98年結成。2001年に大手インディーズメーカーから初のCDリリース。
2004年にはメンバー自らが運営するasian gothic labelで独立。ロックに限らず、ヘヴィメタル、フュージョン、ソウル、ジャズ、ボサノヴァなど、多くのジャンルの音楽を独自に消化、吸収したサウンドが持ち味。これまでにシングル9枚、アルバム7枚、ミニアルバム1枚、LIVE DVD5本、PV集1枚をリリースしている。
2016年にはthe band apart (naked)名義で初のアコースティック・フルアルバムもリリースした。国内では毎年数々の野外フェスやイベントに参加し多くのアーティストとの共演を重ねながら自らのサウンドを確立し、自身のTOURでは両国国技館や幕張メッセでのワンマン公演、日本武道館での企画も行う。
さらに、レーベル所属のmock orangeとのアメリカTOURや、フランス、台湾、タイでのLIVEを行う等、ワールドワイドに活動の幅を拡げ続けている。
 
http://asiangothic.org/

-

Q-pitch (opening act)

2016年10月30日にデビューした7人組アイドルユニット。
「アイドル街道をQ-pitchに駆け上がる!」を合言葉に、都内を中心にライブ、イベント、メディア出演など精力的に活動中。清竜人ハーレムフェスタ、アイドル甲子園、肉フェスなどの多くのイベントにも出演中。デビュー半年でShibuya eggmanにて初のワンマンライブも開催。
楽曲は、どこか懐かしいメロディラインの楽曲全8曲の作詞作曲を、シンガーソングライターのたむらぱんが担当。『Q-pitchでGO!自己紹介の歌』では、青山英樹(Drums)、BOH(Bass)、Leda(Guitar)の音楽界を代表する3名が参加。
『お願いロジー』は、2017年4月〜テレビ東京系人気アニメ「リルリルフェアリル」の第2シーズン「リルリルフェアリル~魔法の鏡~」のエンディングテーマ曲に採用される事が決定。
また、7月19日(水)待望の1stアルバム『Q-pitchでGO!!』の発売も決定!田山せかい、高村しずく、榎本あやせ、海老原みき、新田れな、吉岡ひなた、槙田あやの7人が、8-pitch(ファンの総称)と一緒に駆け上がる!
 
http://q-pitch.com/

-